時計の洗浄クリーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は身体の健康を保つ為に、お風呂に入って汚れをキレイに落とし、清潔にする事で健康を保ちます。

時計も同じように、超音波の洗浄機で時計のケースやメタルバンドなどを洗う事で、汚れをキレイに落とし、より永く時計を使用する事が出来るようになります。

1:時計洗浄とは

時計の外装部品のケースや裏蓋、メタルバンドなどに付着した汚れを超音波の洗浄機で汚れを洗い落とす作業になります。

洗浄を行う際には、当然内部の機械に水が入ってしまうと機械が壊れてしまうので、内部の機械を取り出し外装パーツのみの状態にしてから洗浄を行います。

洗浄を行う際に特に要注意なのが、防水時計になります。

防水時計は、外装パーツが隙間無く密接している事で、水や汗の侵入を防いでいます。

長年使われていると、細かなキズや経年劣化によるケースや裏蓋の摩耗や変形、汗などによる腐食で隙間が出来ます。

この隙間によって、防水時計でも水や汗が浸入する原因となってしまいます。

もし、このような防水性が低下している状態で、内部の機械を取り出さずに洗浄にかけてしまうと、内部に水が浸入し内部の機械が壊れてしまうリスクがあります。

また、本来はキズや摩耗、変形で隙間が存在している状態なのに、汚れがその隙間に入る事で隙間を埋める役割をして、防水性を維持している状態のものも存在します。

この場合も同じように、本来は防水性は低下している状態なので、洗浄を行った際に汚れが分解され、隠れていた隙間が出て来る事でそこから水が浸入してしまい機械が壊れてしまいます。

この為、時計を洗う際には、必ず内部の機械を取り出す必要性があるので、絶対にご自分では洗わないようにして下さい。

また、防水時計の場合は洗浄後の汚れがキレイに落ちた状態で、防水性能が現状で、どの程度効いているのかを調べておいた方が、より長く安全に時計をご使用頂けますので、防水テストもあわせてやる事をお勧め致します。

 

2:洗浄のメリット

時計は肌に身に着けることで、人間の汗が付きます。

人間が汗をかくと、皮膚についている皮脂や汚れが混ざります、更にそれが時計に付着したほこりなどとも混ざり、汗の水分が乾くと時計に汚れが付着していきます。

また、汗には塩分も含まれているので、ステンレススチール製のケースと裏蓋やバンド、バンドの1コマ1コマを繋いでいるピンなどの金属パーツが腐食します。

その他、一部のチタン製のバンドのコマを繋いでいるピンや、革バンドに使用しているバックルなども腐食する事があります。

また、バンドのコマとピンやコマ同士が擦れる事で細かな鉄粉も発生いたします。

こうした汚れがバンドの細かな隙間に入っている為、夏場などに大量に汗をかいた際に、汗で汚れが隙間から溶け出し、時計を外した際に手首の周りに汚れがついて、真っ黒になってしまう現象がおきます。

更に状態が悪化すると、ケースや裏蓋は腐食により防水性の低下、バンドも腐食で壊れてしまいます。

その結果、汗や水が内部に侵入して機械が壊れてしまったり、バンドが急に壊れて時計が手首から外れて落としたり、落下の衝撃でガラスや機械が壊れてしまう場合があります。

これを回避するためにも普段からお手入れとして、時計を外した際にブラシや眼鏡拭きのような乾いた布やティッシュペーパーなどで、時計に付着している汗や汚れを拭き取る必要があります。

しかし、これでも細かい汚れが目に見えない隙間に入り込んでいるので、更に汚れを取るために超音波の洗浄機で洗う事で、汚れを除去する事が出来ます。

 

3:時計洗浄の料金

時計洗浄の料金は、大体の目安としましては1000円~3000円くらいが目安と思われます。

しかし、作業内容や作業リスクなどによっては、料金が変わってきます。

例えば、機械を取り出して全体的に洗浄をする場合や、メタルバンドの留め具がプッシュボタンになっているモデルなどは、ボタン内部のバネの部分に汚れが入り込み、ボタンが押せなくなってしまっている状態のものがあるので、部分的に洗浄をする事で汚れを取り除き、バネを効くようにする為の洗浄など、作業の手間が違う場合があります。

また、時計のデザイン、ケースと裏蓋やバンドの材質、機械の取り出しや洗浄後の取り付けの作業の難しさなどの、作業工程や作業リスクでも料金は変わってきます。

作業時間は、機械の取り出しや取り付けの作業時間、洗浄時間、洗浄後の乾燥時間などを含めると、1時間~2時間くらいの目安になると思われますが、時計のデザインや構造、お店の混み合い状況などによっては時間がかかる場合もあります。

その他、時計の状態や材質によっては、洗浄が出来ない場合もある為、作業料金や待ち時間の確認の際に、一度お店で確認を取られると良いかもしれません。

 

4:まとめ

時計の洗浄は、機械を取り出してから洗浄をかけるため、絶対にご自分で洗わずに、時計屋さんで洗うようにして下さい

防水時計は汚れが取れた際に、隠れていた隙間が出てくるので、防水検査を併せてやるようにした方が、時計を長く安全に使用する事が出来ます。

汗や汚れにより、ケースや裏蓋、バンドが腐食や劣化を起こし、防水性の低下や時計が壊れてしまう原因となってしまうので、普段は時計を外した際にブラッシングや乾いた布などで汗や汚れを拭き取り、夏場などは大量に汗をかくので、夏が始まる前や夏が終わった頃などを目安に定期的に洗浄を行う方が良いです。

洗浄の作業料金は1000円~3000円くらいの目安で、作業時間は1時間~2時間くらいの目安です。

時計の状態や材質によっては洗浄が出来ない場合があり、作業料金や作業時間なども時計の状態や構造などで変わる場合があります。

2019/01/13 更新


時計修理の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には時計修理の技術者に相談頂いた方がよい可能性があります。

名古屋エリア

時計修理のMr.BOB  ユニモール店

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-5-26先 (ユニモール地下街)

営業時間 10:00~20:30 定休日年中無休(地下街に準ずる)

電話番号 052-414-7150 アクセス 経路案内

 

時計修理のMr.BOB  サンロード店

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-7-25先 (サンロード地下街)

営業時間 10:00~20:30 定休日年中無休(地下街に準ずる)

電話番号 052-446-6390 アクセス 経路案内

 

時計修理のMr.BOB  栄森の地下街店

住所 〒450-0002 名古屋市中区栄3-5-12先 (栄森の地下街)

営業時間 10:00~20:00 定休日年中無休(地下街に準ずる)

電話番号 052-228-9920 アクセス 経路案内

 

時計修理のMr.BOB 名古屋みなと蔦屋書店

住所 〒455-8501 名古屋市港区港明2丁目3番2号 名古屋みなと蔦屋書店 1F

営業時間 10:00~21:00  定休日年中無休

電話番号 052-304-9650 アクセス 経路案内

 

大阪エリア

時計修理のMr.BOB ドーチカ店

住所 〒530-0003 大阪市北区堂島1堂島地下街5号

営業時間 平日8:00~20:00/土日祝10:00~20:00 定休日 第3日曜日

電話番号 06-6485-8390 アクセス 経路案内

 

メールフォームからもお気軽にお問い合わせは下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加